HOME >

業務分野

>

業務紹介

業務紹介
  • 特許/実用新案
    特許、実用新案業務は、クライアント様の発明や考案を様々な側面から把握して明細書を作成することによって、最大限
    広い権利を確保することを目的としています。

    出願前に行われる数回に亘る奥の深い相談をはじめ、出願、登録、審判(無効、権利範囲確認など)、審決取消訴訟、無効鑑定など、事後のすべての業務の遂行過程における適切なアドバイスを通じてクライアント様の発明や考案は完璧に権利化され、保護されます。電気、電子、通信、半導体、物理、コンピュータ、機械、航空、材料、化学、化学工学、生命工学、遺伝工学、分子生物学及び薬学を含むすべての技術分野において卓越した経験を有する弁理士及び特許専門家が、常にクライアント様と共にいます。
    デザイン
    デザイン関連の業務は、審美的なクライアント様の知的創作物をより効果的に保護することを目的としています。
    デザイン一部審査登録制度、複数デザイン登録出願制度、一セットの物品制度、部分デザイン制度などを積極的に活用
    して、クライアント様のデザインの早期権利化及び実質的な権利確保に努めています。
  • 商標/サービス標
    商標、サービス標関連の業務は、クライアント様との十分な相談と事前に準備された調査報告書による綿密な分析に
    基づいた権利獲得の可能性の判断を土台として、最も効率的に権利を確保し、これを保護することを目標としています。

    また、商標、サービス標と関連した登録、モニタリング、使用権設定、権利移転などの多様な業務を通じてクライアント
    様の権利の効率的な管理に努めています。さらに、商標権及びサービス標権に関する異議申立、審判(無効、取消、権利
    範囲確認など)、審決取消訴訟などの業務に関する卓越した経験を基にクライアント様の商標権及びサービス標権を
    完璧に保護します。
    インターネット 関連業務
    ビジネスモデル、電子商取引、電子貨幣及びドメイン名のようなインターネット関連業務の領域が、いわゆる「新知識
    財産権」という新たなIP領域として位置づけられています。

    これに足並みをそろえて特許法人KOREANAは、企業の新知識財産権を効果的に権利化し、その戦略的活用を最大化
    することができるように弁理士及び専門家で新知識財産権チームを構成して、新知識財産権に関するトータルサービスを
    提供しています。
  • 審決取消訴訟
    知識財産権分野の審決取消訴訟業務において特許法人KOREANAは、韓国最高のノウハウを蓄積しています。
    去る半世紀の間、専ら知識財産権分野にのみ専念してきた結果、知識財産権分野の審決取消訴訟において数多くの事件
    を取り扱ったのはもちろんのこと、数多くの先駆的、進歩的判例を確立するのに努めて参りました。これは、特許法人
    KOREANAの審決取消訴訟における勝訴率が相対的に高いことを通じて知ることができ、事件をご依頼して頂いた数
    多くのクライアント様によって立証されています。
    実施権設定契約
    及び
    ライセンシング
    知識財産権に関する実施権設定契約及びライセンシング業務は、
    知識財産権の効果的な活用を通じたクライアント様の利潤の極大化において極めて重要な業務領域であって、多角的な
    検討を通じて完璧な知識財産権の活用方案を持続的に模索して提供する特許法人KOREANAだけのサービスを通じて
    クライアント様の利潤が極大化されるものと確信致します。
  • 知識財産権に
    関する調査業務
    知識財産権に関する業務のうち、先行技術の調査をはじめとする調査業務は、クライアント様の権利取得、維持及び
    活用において必須的な要素であります。

    このような業務領域においても特許法人KOREANAは、様々なデータベースとその最適活用のノウハウを蓄積して
    おり、最高水準の調査報告書はまた、クライアント様の知識財産の価値を実現する指針書となることを確信致します。
    コンサルティング
    創造的なアイデアが経済的な利潤として保障されるためには、権利化、事業化、ライセンシングなどの多様な方法の
    効率的運営が前提とならなければなりません。

    特許法人KOREANAは、クライアント様の精神的な創作を最大限の物質的価値として創造して行く近道へと案内する
    ことのできるコンサルティングサービスを提供しています。